ローホーvo,g

 

Open 19:00
Start 20:00
charge +1order

ローホー [ro-ho]

日本・大阪出身。ガットギターをベースアンプに繋ぎ、一切のループマシーンなどを使わず人力でトラックを奏でる特殊なスタイル。太い周波数を増幅しギターのボディを叩き鳴らすと同時に弦を弾き歌い、ラップやトースティングをする完全一人楽団(サウンドシステム)スタイルのシンガーソングライター。

出演イベントのジャンルは多岐に渡り、日本国内ではレゲエやヒップホップのアーティスト達からも支持が高く、さらに大型ロックフェスなどでもライブするなど幅広く、ボーダーレスに活動している。多くのジャンルやスタイルのアーティストからも注目を浴びる、現代日本音楽シーンに突如現れた異端児。

そのボーダレスなジャンル感は過去、国外でも台湾(PUNKイベント)、タイ(Reggaeイベント)、シンガポール(BLUESイベント)、カンボジア(ROCKイベント)、香港(technoイベント)など多種多様なジャンルのパーティーに呼ばれライブを披露。

日本語で唄う彼のライブだが、ギター1本とは思えないトラックミュージック然とした音圧とグルーヴを帯び、彼の放つ強烈なフローに、当日集まったバラバラの国籍のクラウドが懐かしくかつ新しい音楽でひとつになってゆく様は圧巻。

自主制作アルバムを1枚作ると、たちまち1000枚がソールドアウトするやいなや、有力インディーズレーベルよりボーナストラックを加えた同盤の全国流通盤が更に追加プレスされることになる。メジャーレーベルに所属しないまま全国デビュー。

それから約2年を掛け、いよいよ2ndアルバムを制作した。
前作を更に高みへブラッシュアップすべく、新作はマスタリングをメトロポリススタジオ(ロンドン)のTIM YOUNG氏に依頼した事により、かつてのセックス・ピストルズやThe Clashなどの雰囲気を見事に兼ね備えた圧巻の7曲となった。

ギター1本と魅力的な力強い唄声だけで何処にでも行ける彼のようなアーティストとぜひ遊んで行って欲しい。

ro-ho

From Osaka, Japan, ro-ho uses a classical guitar connected to a bass amp. A single-person sound system, ro-ho doesn’t use any sort of loop machines, but instead creates music through a combination of striking the guitar, percussively using the strings, singing, and rapping.

Ro-ho performs in a wide variety of events, often supported by reggae and hip-hop artists, or even at large rock festivals. Ro-ho’s unique musical style attracts the attention of artists from many different genres.

As a testimony do his borderless style, ro-ho has performed in Taiwan (a punk event), Thailand (reggae), Singapore (blues), Cambodia (rock), and Hong Kong (techno).

He sings in Japanese, but his guitar playing and grooves, combined with his intense flow, attracts people from different backgrounds and brings them together.

His first album was independently produced, and quickly sold out of all 1,000 copies. A nationwide label is currently preparing to rerelease the album with an added bonus track.

For the past two years, ro-ho has been working on his second album. He’s working with mastering engineer Tim Young of Metropolis Studio, who has also worked with the likes of The Clash and The Sex Pistols.

With a single guitar and a powerful singing voice, ro-ho is ready to play anywhere.