エンツォ・ファヴァータ・クロッシング・カルテット
Enzo Favata Crossing Quartet

イタリアの大御所マルチリード奏者 エンツォ・ファバータ。
新たに結成された“クロッシング・カルテット”で待望の初来日が実現!

ジャズ、スペース・ロック、地中海音楽といった様々なジャンルを自在に行き来きし、故郷サルデーニャの伝統的なサウンドにライブエレクトロニクスが融合する。今まで味わったことのないサウンドを体感できる2日間!

◆4月10日(水)
◆4月11日(木)

【Enzo Favata Crossing Quartet 】

両日共 予約(♪3500)当日(♪4000)
open 18:30 start 19:30

Enzo Favata -エンツォ・ファヴァータ-
(sax,b.cl,s.bandoneon &Live Electronics)

Pasquale Mirra -パスクァーレ・ミッラ-
(Marimba Midi, Samplers &Live Electronics)

Rosa Brunello -ローザ・ブルネロ- Rosa Brunello
(Bass & Live Electronics)

UT Gandhi -U・Tガンジー- (Drum) U.T. GANDHI

4/11(木)のみ
<ゲスト>太田惠資vln 今堀恒雄_Tsuneo Imahori g 松井智恵美(Digital live paint)

他ツアー情報:
◆4/8(月)9(火)札幌 COO
(Enzo Favata,Pasquale Mirra,UT Gandhiのトリオ)
◆4/15(月)甲府 桜座
◆4/16(火) 名古屋 valentinedrive
◆4/18(木)大阪 KNOWLEDGE THEATER
◆4/20(土)沖縄 がらまんホール

後援:イタリア文化会館

イタリアのサックス奏者、エンツォ・ファヴァータの新しいユニット“クロッシング・カルテット”はビブラフォン、エレクトリックベース、ドラム、電子機器が並ぶ珍しいカルテットである。

彼の故郷サルデーニャと地中海域の伝統的なサウンドと新しいジャズやロックのサウンドが融合するという新たなサウンドを求めたファヴァータは、その実現のためにアコースティックとエレクトロニックの両方のサウンドに精通した凄腕なミュージシャンを集めた。

自身の新作『シャッフル・モード』を日本でもキングインターナショナルからリリースする実力派ベーシスト/作曲家ローザ・ブルネロ、イタリアでも代表的人気ヴィブラフォン奏者であり、ミディ・マリンバやサンプラー等の電子楽器も自在に操るパスクアーレ・ミッラ。そしてエンリコ・ラヴァ率いるエレクトリック・ファイヴの一員としても知られる打楽器奏者U・T・ガンジーこのクロッシング・カルテットの創り出すサウンドは、ジャズ、スペース・ロック、地中海音楽といった様々なジャンルを自在に行き来しながら万華鏡のようにその彩りと旋律を目くるめく変容させる試みといえるだろう。