予約ボタン

解説・プレゼンテーター:瀧澤主税(紙のジャズ)

open 12:30
start 13:00
close 15:00
charge+1drink order

デューク・エリントンという名前は、ジャズに親しんでいれば一度は必ず接すると思うのですが、その知名度ほど日本では親しまれておらず、どちらかというと、「敬して遠ざける」傾向があるのではないかと思います。

原因はいろいろ考えられますが、1920~70年代まで現役であったエリントンの作品は余りにも膨大で、どこから聴いたらいいのかわからないという事が、一番大きいような気がします。

このイベントは、エリントンの莫大な作品の聴きどころを明らかにする事で、エリントンに聴くためのよすがとしていただければ幸いです。

全く聴いたことがない人にも、ある程度親しんできた人にも楽しんでいただける内容です。