海津信志g 野崎洋一Key 下野ヒトシb 渕雅隆dr
<ゲスト>宮崎隆睦sax

Open 18:30
Start 19:30
charge +1drink order

■Guitar 海津信志■
1988年生まれ。作曲家、ギタリスト。16歳でギターをはじめ、ロックバンドで活動。
クラシックギターを中川誠氏に師事。Mike Stern,Tommy Emmanuel,Allen Hindsのプライベートレッスン、
セッションなどを定期的に受講。ギタリストとしては、アコースティック、エレキ両方のテクニック
を融合することを念頭に置く。現在J-popsを中心とした作曲家としての活動を目指している。
YAMAHA The 4th Music Revolution YAMAHA堺大会にてグランプリを受賞。
EMI50周年記念オーディションRevolution Rockにて、2500組より選出、亀田誠治氏(元・東京事変)ら
より評価を得る。第39回、第41回日本ギターコンクール上級部門 本選出場。
ギターマガジン主催「Guitar Magazine Championship Vol.8」審査員特別賞を受賞。
モリダイラ楽器主催「Morris Fingerpicking Day2015 九州大会」最優秀賞を受賞。

■Bass 下野ヒトシ■
ベーシスト、作編曲家、プロデューサー
6歳からクラシックピアノを学び14歳でベース を弾き始める。17歳からプロとしての活動を始めるが、1990年にアメリカ、ボストンのバークリー音楽学院に入学の為渡米。4年に渡るアメリカでの音楽活動を経て帰国後、
国内外のアーティストのレコーディングやツアーに多数参加。その後は演奏だけにとどまらず、倖田來未、JUJU、mihimaruGT、鈴木雅之、松下奈緒など数多くのアーティストのプロデュースや作編曲に携わる。
また、日立のイメージ楽曲、バレーボールリーグ(Vリーグ)のテーマソング、アンセムを制作するなど、その活動は多岐に渡りクリエイト。自己のリーダーユニット「テアトロ・ラッフィナート」の音楽は国際映画祭音楽部門にノミネートされるなど、ボーダーレスに音楽を創りだす注目のマルチミュージッククリエイターである。

■Drums 渕雅隆■
1974年、大阪生まれ。15歳でドラムを初め、ロックとジャズを始める。甲陽音楽学院に入学し、在学中から関西でプロ活動を開始。関西での活動の後、上京。熊谷徳明、岩瀬立飛、両氏に師事。モーラー奏法やアレクサンダーテクニック等、体の構造、人体力学を学ぶ。ファンク、ロック、ポップス、ジャズ、ラテン、ブラジリアン等、ジャンルを問わないスタイルで活動する。主な共演者。【Bob James.Allen Hinds.Dan Siegel.Kelly Mettleman.宮崎隆睦.佐藤達哉.古谷充.久米大作.河野啓三.古川初穂.納浩一.清水興.田中晋吾.日野賢二.須藤満.下野人司.安達久美.SILVA.森川美穂.円広志.井上あずみ.Jay.~等】ローランドのV-Drumを使ったデモンストレーターとしても活動。現在、関西を中心に活躍する。